<< 練習日記2014年10月第3週 | main | 練習日記2014年11月第1週 >>

練習日記2014年10月第4週

2014年10月25日(土) ウエスティにて

来週の3連休、もとい、練習3連戦(しかも最終日がレッスン!)を前にして、
今週は合奏練習がありません。

つまり!

じっくりパートやセクションで合わせる絶好のチャンスなのです!
…と、ムジークでは考えます(^ω^;)

なわけで、練習の出欠状況を見ながらどうするか検討…
今日はバリチューとバスクラが揃うっと。
いうことで、低音パートにて練習をしようかと。

早速声をかけてまわりましたが…
バスクラさんは今日はクラリネットパートに入って練習するとのことで、
結局バリチューのみで練習をすることになりました。

三人での練習なので、今日は楽屋を使って練習することにしました。
ホールは広いし、舞台袖(反響板の裏)に回るなどすればそれなりに他のパートの音を
遮断して練習が出来るのですが、楽屋を使えるとより静かな環境で練習ができます。
お互いの音を聞きあうのには最適です。

一番広い楽屋は人数の多いクラさんに譲って、小さめの楽屋をチョイス。
ま、3人なのでこの広さで十分か。

せっかく時間もあるので、じっくり曲を通してお互いの動きを確認する練習をしました。

私にとっては一番近いパートの音の動き。
そういえばこれまではじっくり聴いてなかったなぁ…
デモ音源も聞いてはいるのですが、演奏しながら聴くと音の絡み方がよりよく分かります。

結局、1時間のパー練で練習できたのは1曲のみでしたが、
だいぶ歌い方が見えてきた気がしました。


2014年10月26日(日) 文化パルク城陽にて

ε=(o- -)o ブーン
この時期の休日の夕方は車が混むんですかねぇ。
移動時間1時間で練習開始時刻ギリギリの到着になりました。
(゚□゚;)あ、そういやこの日は菊花賞が…それかな?

今日の練習は久しぶりに集まりがいまいちでした。。。
10名ちょっと。まあ、こういう日もあります。

今日も合奏が無いので出席者を見て声掛けします。
金管は中低音パートがかなり揃っていたので、セクションで練習しましょうということになりました。

第一部の曲を通していくことで互いの動きを聴きあいながら練習します。
昨日の拡大版ですね。
もっとも、自分が吹くのが精一杯で、吹くの半分、聴くの半分といったところだったです。
(昨日も同じような感じでしたが…)

指摘もみんながそれぞれ気がついたところについてしていきます。
仕切りも…最初は私がしてましたが、だんだん吹くほうが気になってしまいにゃ人任せ。
よろしくお願いしま〜す(−ε−)

セクションは2時間ほどの練習でしたが、それでも2曲(1曲半?)の練習がやっとでした。
まだまだ課題多いなぁ。。。

来週は文化パルク城陽の3連戦。最終日は金丸先生の初レッスンです。
(執筆者:K)
 
-

スポンサーサイト

-
このページの先頭へ